ラミクタールは子供でも安心に使える?

ラミクタールとは、てんかんの発作の症状の改善・予防のために服用する薬です。そのほかにも、双極性障害によるうつ症状の改善のために服用します。てんかんの発作は、脳が何らかの影響によって突然興奮状態に陥ってしまうことで起こるのですが、この薬はその脳の興奮を抑制することによって、発作を予防する効果があります。ラミクタールは、2008年に日本で処方されるようになった比較的新しいてんかん治療薬です。部分発作や強直間代発作など、さまざまなてんかん発作に広く対応します。
ラミクタールは、子供でも使えるてんかん治療薬として有名です。てんかんの発作は、大人だけではなく子供にもあらわれます。1歳くらいの乳児にも発作があらわれることもあり、子供の発作は大人よりリスクが高いので、ラミクタールは現在てんかんの症状を持つ子供にも多く投与されています。
子供に処方される薬は、成人用よりも薬の含有量を減らした錠剤です。チュアブルタイプで、味がついていて子供にも飲みやすいようになっています。さらに、双極性障害をもつ子供にも有効とされているので、この薬が処方されることが多くあります。
ラミクタールは、体に合わなかった場合には副作用が出ることもあるので、慎重に投与していくことが必要となってきます。自分だけの判断ではなく、医師と細かく相談しながら処方を検討していきましょう。副作用が出ないとわかった場合には、増量してさらなる効果を期待することもできます。薬を増量するときも、一気に量を増やすのではなく、徐々にゆっくりと増やしていきましょう。特に子供の場合には、強い薬剤は体の大きな負担となるので、気をつけて服用することが大切です。

ページトップへ