ラミクタールの減薬と離脱症状について

ラミクタールはてんかん発作を予防したり、躁うつ病の維持療法のために服用される薬で医師による指導を受けながら慎重に服用をする必要があります。ラミクタールは脳の機能に影響をあたえる薬で脳神経の興奮を抑えることによって、てんかん発作を予防したり、躁うつ病による興奮状態を抑制することができます。基本的な効果としては気分の浮き沈みを抑えることで躁うつ病の再発を予防することができるというものです。ラミクタールは様々なタイプのてんかんに有効とされているので、治療が難しいとされる症状の場合にも処方されています。ラミクタールのように脳の機能に作用する薬は自分の判断で減らしたり、服用を中止してしまうと離脱症状が起きることがあるので、少しずつ服用量を減らしていって、健康に悪影響がないように服用を中止していきます。ラミクタールの処方に関しては個人差があるので、てんかん治療の専門の医師が患者の状態を見極めて処方をすることが必要な薬なので、インターネットなどで手に入れて服用すると危険な副作用が起きることもあります。離脱症状に関しては頭痛や目眩の他にも精神的な不安定な状態になることもあるので、医師の指導に従って服用を中止する必要があります。また副作用としては皮膚に発疹ができたり、唇のただれや喉の痛み、目の充血などがあるので、これらの症状が出た場合には医師に連絡をして早めに対処をしなければなりません。てんかんの予防のためにラミクタールを服用している場合には自分の判断で急に中止してしまうと、薬の効果が切れた反動で重い発作が起きることがあるので、これらの離脱症状を防ぐために、医師や薬剤師のアドバイスにしたがって慎重に減薬をしなければなりません。

ページトップへ